ISR (=Inter-Structural Release)

 【組織間リリース・筋膜リリース】

 

ISRは組織間をリリースすることにより、正常な軟部組織の可動性を取り戻す技術です。

人体は皮膚、皮下脂肪、筋、腱、靱帯、関節包、骨膜などの軟部組織が周囲に影響されず可動性があることで本来の動きが可能となります。

しかし日常生活では、鞄を担ぐ肩や仕事での座位における長時間の組織への圧迫、皮下脂肪や筋の増加、炎症、組織損傷、創傷、手術などでこのような組織は可動性を失います。

 

少し難しい解説になり、申し訳ございません。

 

長袖Tシャツとトレーナーのような重ね着をイメージしてください。

その状態であれば手を挙げることは容易です。これが本来の状態です。

しかし脇腹あたりに水をかけてみたらどうなるでしょう?その部位のシャツとトレーナーがくっついてしまい、肩が挙げ辛くなることが経験上お分かりいただけると思います。

そのようにくっついてしまったところをはがすのが組織間リリースです。